3.11

私事で、大変恐縮です。

本日、母の7回忌の法要をいたしました。

母が亡くなったのは、あの東日本大震災の約二週間後でした。

直接、震災で亡くなったのではありませんが、

少なからず心労はあったのではないかと思います。

ですので、母のことを思い出す時は震災も同時に思い出されます。

震災を思い出す時は、母のことを思い出します。

とても穏やかで、どんな時も前向きで、いつも私の味方で励ましてくれる母でした。

今、自分があること、幸せな人生を歩めていること、 母にとても感謝しています。

そんな母に何も恩返しができなかったことが悔やまれます。

高校を卒業し、東京の学校へ行き、それからずっと離れて暮らしていましたので

母ともっともっといろいろな話をして、

母のことを、もっと知りたかったと思いますし、

私のことも もっと知って欲しかったなと。。。

寄り添ってあげられなかったなと。。。思います。


別れは、いろいろな形であることだと思います。

少しでも、悔いのない日々の積み重ねをしたい。

そして、自分を支えてくださっている方々に感謝して真摯に生きていきたいと思った一日でした。