45年

築45年。

現在はお客様の事情により空家となっているお宅に、震災後心配だったので家の中がどうなっているのか一緒に見に行って欲しいと社長に要望があり伺ってきました。

現会長が35歳のときに弊社で建てさせて頂いたお宅で、当時としてはめずらしい洋風建築だったそうです。

築年数も経っていて、あの地震の後だったので社長も結構ひどい状況なのではと思って伺ったようです、、、が、いざ拝見すると、とても震災にあった家とは思えないほどしっかりしており、非常に驚いたそうです。

当時は今のような金物もなく、耐震という面では心配なところですが、たしかな技術によって建てられた木組みの家は、45年経っていようが、地震に見舞われようがちゃんと建っている、ということが再確認できました。

お客様に丁寧に造ってくれてよかったと言って頂き、社長もえらく興奮して会社に戻り非常に感激していました。

僕が生まれるずっと前に建てられた家が、地震にも耐え今でも健在なのは、しっかりした技術と構造、そしてお客様が二葉の家を大切にしてくれていた賜物だと思います。

これからも何十年とお客様の命を守り続ける、次の世代に引き継いで頂ける、安心安全な家づくりをしていきたいと思いました。

 

山中清