長寿命のための
建物構造

二葉の家が長寿命で安心なのは、
結露を防いで構造を長持ちさせる
工夫にあります。



基礎・工法で強度を高める


基礎

家を呼吸させ長持ちさせる基礎

基礎は住宅そのものを支える家のとても大事な部分です。特に日本は地震大国であり、予期せぬ地震にも耐えれる家にするには、その構造はもちろんですが住宅の「基礎」がしっかりとしていなければなりません。

二葉の家では、全てベタ基礎を採用し、転圧作業の工程も数回実施、150mm間隔に鉄筋を入れ、コンクリートの強度も上げます。

木造住宅ではしっかりとした床下換気が必要なため、このベタ基礎により自然な床下換気ができて構造を長持ちさせます。法的基準以上の基礎高、そして強度にもこだわります。

二葉の家の全てにおいて基礎断熱が標準仕様になっているので、床下の温度は、地熱により夏は外気30度でも室内は27度前後で床はヒンヤリ気持よく、冬は外気温が0度の時でも高い蓄熱効果から室温は13度くらいになり冷たさを感じないので床暖房の必要もありません。



工法

木のプロが天然木の素材・強度を比較。
最適な構造で耐震・耐久性を高めた工法

天然木のスギ柱を軸に、土台には桧、梁には米松を使用します。更に二重に筋違を入れて基準法の1.5〜2.0倍の強度を持たせて耐震性を強化しています。

素材の持つ耐久性にこだわり、構造材の含水率20%以下に抑える乾燥を施しているため安心して家を支えてくれます。



床構造

こだわりの頑強な床構造

床がへこんだり、沈むような感覚や異音がするなどと言った場合、床材の耐久性に問題があったり、床下環境の湿度の上昇により腐敗が進んでいるケースもあります。

このような床材の耐久性の問題や地震発生時の「ねじれ」に対して最も効果を発揮するのが床構造です。

二葉の家の一階は構造用合板28mm厚+南部赤松15mmの合計43mmの二重床厚構造に加えて100mm厚の断熱材が標準です。
二階は、構造用合板28mm+硬貨ボード12.5mm+コンビボード9mm+南部赤松15mmの合計64.5mmの四重床厚構造になっています。

一階の天井裏は、グラスウールを通常では断熱材として使用しますが、二葉の家では吸音材として使用しているので二階の音が気になりません。


1階部の床構造
2階部の床構造



高性能住宅に不可欠な断熱性能


トリプルLow-E樹脂サッシ

トリプルガラス樹脂サッシ

逃げる熱の40%は窓から

高性能な住宅を建てる上で、窓は住宅の中で断熱・気密・遮温に最も弱い部分です。

建物全体の熱損失で見た場合、全体の40%が窓からの熱損失と言われています。 二葉の家では高性能なトリプルLow-E樹脂サッシを用いて、2020年の省エネ住宅基準を超えるU値1.0~1.3を実現。さらにこの樹脂サッシは、紫外線のカット率99%、高い遮音性能も持ちます。

窓の断熱性能を向上させる事は、建物全体の断熱性能の向上に繋がり費用対効果に優れています。



機能性に優れた断熱材セルロースファイバー

調湿・防火・防音・防虫効果

日本ではあまりなじみのないセルロースファイバーですが、世界的にも評価が高くアメリカではシェアNO.1、EU諸国でも盛んに使われている断熱材です。

その特徴は、粉状の断熱材で隙間無く施工可能なため断熱性能を100%発揮でき、最大のメリットととも言える高い「調湿性能」が壁の中や家の中の結露を吸排出する機能があります。他にも、防音効果や防火性能、防虫・防カビ性能を持つ、優れた多機能な断熱材です。

セルロースファイバー



耐震性を備え地震にも強い

二葉の家は全棟最高レベルの「耐震等級3」

外壁の内側には筋交いを入れて一階部は建築基準法の1.7〜1.8倍の強度を、2階部はもっと揺れるために2倍以上の強度を持たせています。そして、地震で一番気をつけなくてはいけない屋根にもしっかりと強度を持たせています。

ただデザイン性の良い家を提供するのではなく、家としてのきちんとした機能性と耐震性を兼ね備えてこそ、大切なご家族が「安心・安全・快適」に暮らせるよう、目に見えない「住まいの性能」こそ重要だと考えます。

二葉の家は全棟耐震等級3

耐震等級とは?

耐震等級は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度における耐震性能の基準です。

建築基準法では、極めてまれに発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のつくりのものを「等級1」としています。