人にやさしい健康住宅


家族を守る健康住宅

家の中の温度差、湿度や防音にも配慮した環境づくり

断熱性能の低い家は身体を冷やすために、血流が悪くなったり、体の抵抗力を弱めてしまいます。健康診断や定期検査で異常がなくても、例えば手足の冷えや体の疲れ、胃腸の不調などの症状があれば、生活環境に問題がある可能性があります。

これを古来中国からの予防医学では「未病」と言う言葉で伝えられています。体の不調の自覚症状が起こり、これから病気に向かう状態です。未病を改善するためには、日々の生活の中で身体を冷やさないこと。冷えは未病につながり、そのまま深刻な病気へと繋がると考えられています。


現在の日本の一般的な住宅では、夏は暑くて冬は寒く、外の騒音も気になる劣悪な環境が当たり前ですが、低燃費住宅では、高気密・高断熱の住宅性能でエアコンやヒーターなどの冷暖房器具などになるべく依存しなくても、自然素材の持つ断熱・蓄熱性能や調湿作用を活用して家の中全体を等しい室温にするため、自律神経を整え、体温や免疫機能を高めて人間の健康に必要な環境が守られます。


喘息(ぜんそく)、アレルギー、アトピー、じんましん、花粉症など、現在日本人の多くがアレルギー体質とも言われています。新建材や接着剤を多く使用した建物のホルムアルデヒドなどの化学物質が起こす室内汚染や、ハウスダスト、ダニなどがアレルギーやアトピー性皮膚炎の原因となっているのです。

二葉の家で使用する地元栃木県産の天然無垢材は、人の持つ免疫力を高め、森林浴と同じ癒しの効果を持つためストレスも軽減します。

また、ホルムアルデヒドやその他の化学物質を全く使用していないフォースター告示対象外の薩摩中霧島壁、調湿・消臭性能を持つ漆喰の内壁は、室内の湿度を適切に保つためカビやダニの繁殖を抑えます。

二葉の家の低燃費住宅は、ただ自然素材を使っただけの家ではなく、人間の身体に思慮深く配慮した住まわれる家族の生活環境を整える健康住宅なのです。→自然素材でつくる住宅仕様

高い断熱性能による健康改善効果

近畿大学の岩前篤教授によると、断熱性能を3・4等級、それ以上と向上させていくと、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎等の症状が右肩上がりに改善していくといった調査報告が発表されています。

室内温度が一定になる事で、基本的な体力が失われにくくなり、病気の発生率が低くなったと考えられます。

このような家の中の温度差をなくす「温度のバリアフリー」 は高齢者だけでなく、小さなお子様にとっても健康住宅の絶対条件と言えます。

高断熱化による健康改善効果データ

寒い家で起こるヒートショック現象

健康住宅としてはシックハウス対策以上にもっと大切かつ深刻にもかかわらず、ほとんどの方がご存じない要素、それは「家の中の温度差」による健康被害。いわゆるヒートショックと呼ばれるものです。

例えば、脳卒中や心疾患等の血管系の病気で亡くなる人は約28%。その原因として最近注目されているのが「家の中の温度差」。特に寒い冬場、浴室やトイレ等で亡くなった方の多くは「家の中の温度差」によって血管系の疾患を起こしている事は、かなり前から大学の専門家などから警鐘を鳴らされていました。

ヒートショック現象

断熱・気密性能の悪い家は家全体を温めるのには非常に大きなエネルギーを必要とする為、住人は自分の居る部屋だけを温めています。
その為、使っていなかった部屋や廊下、浴室等は非常に寒く、リビング等の居室は暖かい状態となり、ヒートショックの起きる危険な環境が出来上がります。




二葉の家の仕様