M様 家づくりストーリー

結婚を期に真剣に家づくりを考えるようになりました。

結婚前から、身近な人に、

≪家を建てるなら早いうちに考えた方が良いよ。ローンを返すのが遅くなるからね。≫と言われていました。

あまり、実感が無かったのですが、アパート代を払っているのなら家の支払にまわした方がやっぱり良いかな。

と思うようになりました。

そんな時、知人から紹介され見学会に行きました。

≪木をいっぱい使っている。≫とは聞いていましたが、本当に木の家だなあと思いました。

見学会やOBのお客様の家を見せて頂いて、永く住むのであれば、やっぱり木の家が癒されると感じました。

また、漠然と住宅ローンを返済していくと思っていたのですが、

資金計画についても詳しく教えてくれて、とても参考になりました。

打合せの時間が夜遅くなってしまったりすることが多かったのですが、

時間を取ってくれて、打合せは納得のいくものでした。

二人とも仕事をしているので、雨の日でも干せるベランダや

実家に置いてあるピアノを持って来たいのでピアノスペース、

物がすっきり片付く収納スペース。

外観もちょっとお洒落に。などなど。要望を取り入れてくれました。

家づくりで印象に残っていることの一つはなんと言っても震災です。

地震で家がどうなったか本当に心配でした。

夕方駆けつけてみると、何事も無く本当に安心しました。

社長さんが青森まで買い付けに行ったと言う南部赤松の床や広いベランダ、

階段下の小さな収納や和風っぽくない和室、

開放感のある寝室とウォーキングクローゼットもてとも気に入っています。

家族や友人をたくさん呼びたいですね。

等身大の家を見たり、色々な家づくりのお話を聞き、どこの会社に頼むかを決めて、

その会社の方と、とことんお話をすることが家づくりには大切だと思いました。

これからの生活がとても楽しみです。