I様 家づくりストーリー

御両親様

最初はお客さんという関係でした。

うちは、クリーニング屋をやっていますので会長さんがクリーニングを持ってきてくれていました。

挨拶や世間話、健康の話だったり、いろいろな話をするようになりました。

だんだん方位の事や土地の話をするようになりました。そんな時土地の話で

難問が持ち上がりました。そんな時も会長さんや社長さんが相談に乗ってくれ

いろいろなアドバイスをしてくれました。

家づくりの解からないことをひとつひとつ解決してくれましたし、

二葉さんの建物を見たり、構造現場を見るうちに、頼むんだったら二葉さんにしようと思いました。

建築地が仕事場の隣なので休憩時間や合間をみて見に行きました。

少しずつ形になり変化していくのを見るのが毎日楽しかったですね。 



家づくりは、本当に決める事が多いです。

でも、社長さんはいつも私たちの意見を聞いてくれて尊重してくれ、プロとしての

アドバイスをいつもしてくれていたので安心してお任せできました。

一番気に入っているのが、寝室ですね。

桐の床と漆喰の壁で灯りも柔らかなのでとても楽しみにしています。

二葉さんの家は建ててから私たちが毎日を過ごす家だからこそ健康に良いものを、安らげる家を。

という思いやりが強い家づくりだと思いました。


I様完成写真

息子様御家族

家づくりを考えた時、今の生活を振り返りました。

※三人の子供たちも小学生。

※子供たちも部活や習い事で忙しい日々を過ごしている。

※それに伴い自分たちも仕事に子供のことに忙しい毎日。

※自分たちが学校などの集まりなどで出かけていても学校から帰ったときにおじいちゃん、

 おばあちゃんがいるから助かる。

※朝子供のお弁当作りがあるからキッチンは二つあると便利。

いろいろと考えるとやっぱり、二世帯住宅にして、

玄関も二つ。キッチンもリビングもお風呂も・・・・となりました。

あまり、要望という事は無かったのですが、親世帯と子世帯が行き来できること。

子供たちが帰ってきたらリビングを通ってお部屋に行くという間取りはお願いしました。

また、仕上げている時にキッチンのカウンターテーブルの高さの確認をしてくれたりして、

細かいところまで気配りをして、造ってくれていると思いました。

我が家仕様の家具を提供してくれたり、仕上げのクロスやカーテンを選ぶまで相談に乗ってくれて、

思っていた以上の家を形にしてくれて本当に嬉しいです。