一ページ

天鷹酒造様より神田の建物の解体のご依頼をきました。

弊社、社長は若い時分、東京で仕事をしていた経験もあり、

その時の協力業の方のお力をお借りして

仕事は順調に進んでいるようでした。

社長より、デジカメを預かり写真を見ていくと、

なんとなく懐かしい気持ちになりました。


東京都神田の建物 築60年近い歴史の建物

天鷹酒造様は、大正時代神田で問屋業をされていました。

大正12年9月1日の関東大震災により、東京は大打撃を受けたにもかかわらず、

焼けずに残ったそうですが、

昭和20年の東京大空襲により、焼けてしまったそうです。

その後に建てた建物ですので、かれこれ60年近く。

天鷹酒造様にとっては、思い入れのある建物だと思います。

実は、社長にとっても学生時代、

何度もこちらにお酒を運ぶ手伝いをしたこともあるそうですので、

見ず知らずの建物ではないようです。

時代の流れですね。


この土地で、人の移り変わり、町の移り変わり、

ずっと見てきたのですね。

歴史を感じます。

永い間、お疲れ様でした。