日新語月歩?

goo辞書のサイトを開くと、右側のCMの欄に「ねこく【寝刻】」と

 

あったのでどういう意味?と思ってクリックしてみました。

 

「ねこく【寝刻】」

 

「寝坊して遅刻」の略。寝坊してしまい、予定の時間に間に合わないこと。


 


goo辞書の日新語月歩というコーナーで 

 

-第4回『もっと明鏡』大賞みんなで作ろう国語辞典!-

 

 キャンペーンに寄せられた、中高生の等身大の言葉を

 

毎週一語ピックアップしたものでした。

 

 

外にどんな新語が作られたのか気になったので調べてみました。

  

第4回「もっと明鏡」大賞 最優秀作品10作品より抜粋

  

※ あぎょう【あ行】

 

-意味-①彼女を欲しがる男。また、そのような事を口にする男。

 

    ②やたらと女子に話しかける男。

 

-使用例-彼女と別れてから、あいつ、あ行だよな。

 

《語源》「あ行」→「あいうえお」→「愛、飢え男」

 

※ あみがい【網買い】

 

-意味-インターネットで買い物をすること。

 

-使用例-昨日、本と洋服を網買いした。

 

《語源》ネット=網で品物を買うことから。

 

 

※ ちょうちょがえり【蝶々返り】

 

-意味-ゆっくりと戻ること。また、寄り道しながら帰ること。

 

-使用例-今日は予定がないから、旅行先から蝶々返りで帰ってきた。

 

《対》とんぼ返り

 

※ ももをふんだよう【桃を踏んだよう】

    

-意味-うじうじとした性格。判断力のないさま。略して「桃踏み」とも言う。

 

    桃を踏んでぐちゃぐちゃになる事が、うじうじしているのに

 

    似ていることから。また、そういった状況、性格にイライラ

 

    させられてしまうのも共通である。

 

《対》竹を割ったよう

 

さすがに最優秀作品だけあって、”座布団3枚持ってきて!!“って感じです。

 

この中に10年後には皆が日常的に使っている言葉があるかも知れませんね。

 

新しい日本語を自分で作ってみるのも楽しいかも知れません。

 

家づくりも日進月歩だと思います。20年前の家と今とでは随分違って

 

います。

 

例えば窓。最初は一枚ガラスだったのが、20年ほど前からはペアガラスが

 

出てきて、数年前からはLow-eのペアガラスが出てきました。

 

近い将来にはトリプルガラスが多く出回ってくるかも知れません。

  

二葉の家では常に新しい情報や新製品に目を光らせ、その中から『本物』を

 

見極めていく事を大切にしています。

 

                    (荒牧)