再生可能エネルギー

梅雨らしいジメジメした日が続いているなと思っていたら、急に猛暑がやってきました。

夏は好きですが、急に暑くなると体がついていけず、辛いです。 しかし、夏は始まったばかり。

夏バテしている場合ではありません。 自分の体に聞きながら、気を引き締めて夏を乗りきりたいと

っております。


この晴天を待ち望んでいたのは、太陽光なのではないでしょうか。 太陽光をお持ちの方は、お天気

でより一層、気分が変わるのではないでしょうか。 こちらの写真は、弊社で設置させて頂いた天鷹

酒造様の設置の様子と発電モニターです。 この日は、通常の1.7倍の発電量を記録しました。 

す、すごい。。。 

社長7月1.jpgクレーンで足場の上にセッティング
社長7月2.jpg屋根からの眺めは圧巻です

社長7月3.jpg見える化するとわくわく感が増します


勿論、お天気次第ですが、晴れている時、曇の時、雨の時、その時々での発電効率が重要になって

くるわけです。 

太陽光をお考えの方にもう一つ重要なことがあります。 誰もが一番気になることです。 それは設置

費用です。 

太陽光をのせる場合は、【10kW未満 】 【10kW以上50kW未満 】 【50kW以上】 と3段階に分

かれます。


今回は一般的な家庭にのせるお話をします。 住宅の屋根に設置する場合、ほとんどが10kW未

満になります。

10kW未満の場合は、余剰電力買取と言って、自家消費分を差し引いた余りの電気を法令で定める

条件により電力会社が買取をするシステムです。 25年度は、1kW 38円で、10年間の買取

となりました。 余剰電力の買取ですので、その家庭、その家庭で、昼間の電気使用量が違ってくる

ので一概には言えませんので、あくまでも目安です。


10年間買取をベースに考えますと、太陽光を1kWのせる費用が、少なくとも38万前後でないと初期

費用(パネル設置代)が消えないという事になります。 そして、38万前後から太陽光をのせた金額

との差額が電気代の支払いに回せるということになりす。 そこで、年間の光熱費が少なければ少な

いほど、太陽光をのせたメリットが出てくるわけで、自然に優しく、お財布にも優しい。。。となります。

とは言っても、無理は禁物です。 無理や我慢をせずに暑い時には冷房や除湿を上手に使いたいも

のです。


7月には、住宅の屋根に設置するお客様や産業用の50kW未満を設置するお客様がいらっしゃいま

す。

弊社でも工場の屋根に50kW未満をのせます。 社内にモニターを設置しますので、ご来社下さった

時には、ご覧頂けると思います。 


これから夏本番です。 夏の日差し、夏の暑さには、どうぞ皆様ご自愛ください。