二葉の家の仕様




木のプロが選ぶ無垢材

無垢材の無垢には「混じりもののない、そのままのもの」という意味があります。 つまり無垢材とは植わっていた木を伐採し、それを製材・加工したままの木材ということです。

日本で最古の木造建築物である法隆寺五重塔が約1400年以上にも渡って存在しているように、歴史ある寺社仏閣は無垢材を使用した建築です。

古来から日本の建築に使用されてきた無垢材は、プラスティックや塩化ビニールなどを使用した新建材とは比較にならない耐久性を持つ建築材料なのです。



無垢の木は、強度や防火性能、断熱保温性能、吸音効果、調湿効果など、集成材では決して真似することのできない最高の自然素材ですが、実際に無垢材にこだわった家を建てることは、木の乾燥状態や反り方などを見極める熟練の大工技術が無ければ構造上の問題やひび割れを起こしてしまう事になります。

二葉の家は自社製材工場を持ち、木材に常に触れている必要があるため、栃木県で最も木のクセ、使い方を熟知している住宅会社の自負を持っています。



土台は天然無垢桧、柱には天然杉または桧を使用


大黒柱という言葉に例えられるように、柱は構造の要です。 木目は美しく緻密で、しっかりと乾燥させることで、反りや狂いが少なく耐久性に優れた柱になります。

集成材の主原料であるホワイトウッドは、集成してようやく桧並みの耐力になりますが、高温多湿の日本の環境では長期的に考えると適した素材とはいえません。 美しく強い日本の家には、日本で育ったスギや桧の柱が最適なのです。土台には桧を使用しており、桧には虫をよせにくくするヒノキチオールという成分もあり信頼度の高い素材です。




天然無垢材が持つ4つの効果


調湿効果

無垢の木の柱は一日ビール瓶約6本分の水分を吸湿すると言われています。高温多湿型の気候の日本では、この吸湿する木の特性を生かした家づくりを行うべきですが、つい最近までの住宅業界では、調湿作用を持たないビニールクロスに包まれた住宅が一般的でした。 無垢の木の持つ吸湿効果は、省エネルギーと健康の面でも良い影響を与えてくれます。



断熱効果

優れた断熱性能は、住まいのためのたいへん重要な条件です。木の断熱性はコンクリートの約12倍と言われるほどで、周囲の温度に影響されにくいのが特徴です。また、厚さ寒さの影響を迎えて快適さを保ち、また住まいの大敵である結露を防いで家を長持ちさせます。 じつは木の5cmの厚さとコンクリートの55cmの厚さの断熱性能は同じです。丈夫でしっかりしていそうなコンクリートも断熱材がなければ厚さ、寒さは全くしのげないのです。そして木はわずか5cmの厚さで、他の土やレンガの厚み20cmと同じ断熱性能を持っています。



視覚効果

無垢の木を使ったアンティーク家具が、歳月を重ねる程に趣きのある「飴色」に変化し、温かみが生まれるのは天然木材ならではの特性です。見る人にやすらぎや温もりを与えるのは 美しいゆらぎのリズムを刻む木目とともに、こうした色合いも影響しているのです。長く付き合う家だからこそ視覚にもやさしいことは重要です。


癒し効果

森林浴をすると、リラックスして心地よくなるのは、樹木が発する芳香成分(フィトンチッド)のはたらきによるものです。フィトンチッドには、人間の自律神経を安定させる作用があると言われています。 この作用は樹木が伐採され、木材となっても失われません。木造の住まいなら、中にいるだけで森林浴効果が得られます。



FUTABA STYLE


質感・肌触りが違う
世界に一つのオリジナル建具・造作

造作とは、天井や床、階段のほか、和室の鴨居・敷居・長押・框や、洋室におけるドア枠・沓擦り・ケーシングなどに使われる建築内部の仕上げ材や取り付け材のことです。

造作は建築の構造には直接関係はしませんが、家の使い勝手や生活環境を大きく左右します。また、建物と一体化させる収納家具などは隙間を埋める役割もあり、統一感も出て美しくコンセプトにまとめたコーディネートができます。

人の目に触れる場所で使われることから化粧材とも言われるように造作材は構造材よりも高価なものですが、自社で木材工場を持つ二葉の家なら中間マージンのかからない適正な価格で、無垢材の建具や造作、床・扉などを熟練の職人がお客様の為だけに一つ一つ手作りで製作します。サイズはもちろんの事、仕上材・金物・形状・収まり方、お客様のご要望をご納得頂くまでご提案させて頂きます。

造作・家具


床

二葉の家こだわりの天然木の無垢材の床は、冬は暖かく、夏はヒンヤリと心地よく住む人の足元を癒やします。 厚みは15mm〜驚異の30mm厚までの床材を空間にあわせて厳選しますので、一年を通して素足で生活できる床で本物の木の優しさをお楽しみ下さい。


扉

新建材のような貼りものではなく天然木の扉を自社工場で制作します。 二葉の家の全ての家で標準装備にし、風格ある質感で空間を演出してくれる素材は長い時間を経て、また味わいが出ます。



外断熱+内断熱のハイブリッド断熱構造

環境先進国に匹敵する断熱仕様で
冬暖かく、夏は涼しいを実現

日本で戦後に建てられた木造住宅の寿命は約30年。国土交通省の統計データでは、更に短く26年とされています。
さまざまな統計データがありますが、おおむね30年程度で建て替えられているのが一般的なようです。

これを世界基準で見ていくと、

  • アメリカ・・60年
  • ドイツ ・・80年
  • イギリス・・100年

どの国も日本の2〜3倍寿命が長いのがわかります。

低燃費住宅のルーツと言えるドイツの住宅寿命が80年となっていますが、これは第二次世界大戦で大半が焼失してしまったためで、現地では築数百年の建物が今でも現存しています。

外壁+内壁の断面図

日本の住宅が短命な原因の一つには、外壁材の耐久性が低いことがあります。十年に一度程度で外壁塗装をしても20〜30年経過すれば張替えが必要となり、構造材を結露させる事があります

環境先進国であるEUの住宅では、内断熱+外断熱の両方が標準仕様になっており、室内はもとより構造材も結露に悩まされる心配がありません。内断熱は充填断熱、外断熱は付加断熱といい、数百年暮らす長寿命な家が当たり前のEU諸国では、これが基本的な仕様になっています。

二葉の家の低燃費住宅では、この環境先進国の住宅技術である内断熱+外断熱のハイブリッド断熱工法で建物の躯体性能を高めた上で、日本の高温多湿な気候を考慮し湿気対策などを施した改良を加えて構造体を腐らせない日本仕様の長寿命な家を実現しました。

また家の中の室内温度・湿度がほぼ一定に保たれることで、光熱費がかからない快適で省エネルギーな暮らしもつくります。


外壁材

そとん壁

従来の日本の家の外壁では、およそ15年周期で塗替えに100万~150万円、30年毎に素材の劣化のために大規模な改修工事が必要になりますが、そとん壁はシラスの特性を活かした防水性能・透湿性能が特長で、多孔質なシラスは、透湿性に極めて優れています。表面の防水塗装が要らないため、壁内部の湿気が壁表面から放出され、建物を湿気による結露やカビの被害から守ります。不燃材料なので、万一の火災にも有害ガスの発生の心配もありません。

またシラス粒子内部に空気を取り込み、断熱層を形成するため、外気の温度を建物内部に伝えにくく、冷暖房の効率を大幅にアップします。

無機質の天然セラミック素材のため退色や劣化がなく、厳しい自然環境でも高耐久性を持つため40年間メンテナンスフリーで済みます。もちろん一切の化学樹脂を使わない100%自然素材なので人体への影響もありません。

もし、カビや汚れがついても、漂白剤をスプレーするだけのかんたんお手入れで済むために塗り替え費用もかかりません。

そとん壁はカラーと仕上げパターンを選べます

アルセコ断熱システム

アルセコ社のアルセコ断熱システムを選択も可能です。



内壁材

漆喰

日本の風土・気候に最適な素材

完全自然素材100%である漆喰は安心・安全な上に、主成分の消石灰は強アルカリ性のため有機物を分解する殺菌機能があり、細菌の生育・増殖を抑えるためにアレルギーの原因となるカビやダニの生息を抑え、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデビド、VOC揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)も吸着分解します。

微細な多孔質のある素材のために、優れた吸湿・放湿性を持ち、湿度の高い夏は湿気を吸い込み、乾燥した冬には湿気を放出し、空間の湿度を適度に調節することで結露を防止し建物の耐久性を高め、居心地の良い室内環境をつくります。

クロスやペンキなどの化学性樹脂を使用したものは、寿命が来れば剥がれてくることがありますが、漆喰は炭素と二酸化炭素が結合する炭酸化運動という化学変化が起こり、乾いて固まった後は石灰岩、すなわち岩になるので、手に付いたり剥がれてくることがありません。

日本の蔵でも用いられる漆喰は、四季のある日本の風土には最適な素材といえます。


薩摩中霧島壁

卓越した健康性能の自然素材

薩摩中霧島壁の主原料は、南九州・中霧島地区で採取される火山噴出物(シラス)から作られます。100%自然素材のためホルムアルデヒド、トルエンなどの化学物質を一切排出しないので、壁材によるシックハウスとはまったく無縁です。

断熱性能にも優れるので冷暖房効率を大幅にアップします。家庭にある電化製品の中で、もっとも電力を使うのは「エアコン」。そのエアコンの稼動を減らすのにシラス壁は最適と言えます。

また、高い調湿性や消臭性の機能を持ち、室内の空気をキレイにし、マイナスイオンを放出するので天然の空気清浄機として、二葉の家では、玄関やトイレ、和室、寝室などに使用しています。


断熱材

セルロースファイバー

セルロースファイバーは紙を主原料する断熱材で、紙の様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくるため1本1本の繊維の中に自然の空気胞が存在しています。この空気の存在が音を伝えにくくするため防音性に優れています。木質繊維特有の吸放湿性があり、適度に湿度を調整し、結露を防ぐことから呼吸する断熱材と言わています。

紙が主原料と言っても難燃処理を施し、空気の層があるため防火性・耐火性に優れており、カビや菌の発生を防止するため害虫に対して効果があるたいへん多機能な素材です。

通常の住宅であれば断熱材は60キロ程度しか使用しないことがほとんどですが、低燃費住宅ではこのセルロースファイバーを2トン使用し、すっぽりと家を包み込むことで適度な湿度は保ちつつ熱エネルギーは魔法瓶のように逃しません。




三州瓦

屋根は大切な家を激しい雨や風からも守る大切な役割を担っています。平らな屋根や軒のない家は最近の流行ですが、これは外壁に雨、風を防ぐものがないため家の寿命を縮めてしまいます。

また、全国に500万戸もあると言われる石綿(アスベスト)スレートの屋根は、悪性の肺中皮腫(がん)の原因であることは厚生労働省の調査でもはっきりしています

三州瓦は、安全面ではもちろん、優れた知恵がすみずみに息づき、耐風性能・耐震性能・耐久性能に優れており50年間メンテナンスフリーという大きな魅力があります。


コストパフォーマンスの高いもっとエコロジーな暮らし

二葉の家の低燃費住宅ならエコロジーにも貢献できます。


太陽光発電

太陽光発電は、温暖化対策やエコな取り組みとして、また固定価格買取制度も相まって人気のシステムです。

しかし、太陽光発電でいくらエネルギーを創り出しても、断熱・気密に疎い住宅だと、電気やガスを使うばかりであまり意味がありません。
二葉の家の低燃費住宅なら、小さなエネルギーでも快適に暮らせて冷暖房費がかからないため、余剰電力を最大限に増やせて売電金額が多くなるので家計も助けます


太陽熱温水

太陽熱温水は、太陽光発電では熱エネルギーの変換効率は15%〜20%ほどなのに対し、太陽熱温水は50%近くも熱エネルギー変換効率があり、他の給湯器を利用しなくても春〜秋にかけては十分なお湯が作れます。

太陽光発電と組み合わせれば、更に電力を消費しない暮らしを実現できます。


薪ストーブ

薪ストーブは、懐かしい見た目でインテリアとしてオシャレなだけではなく、炎の癒し効果や、遠赤外線効果で体の芯から暖めてくれることでも人気で、最近の二葉の家のお客様のほとんどで導入頂き、暖かくて暖房費の削減になると好評です。