本年も宜しくお願い致します

お気に入りした人 0人

新年、おめでとうございます。 皆様、お健やかに新年をお迎えのことと存じます。

『一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり』と言われます。

新年を迎えて新たな気持ちを大切にしたいものです。

(1日の計画は早朝のうちに立て、1年の目標や計画は元旦に立てるのが良い。

物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画や準備が大切である。

物事は最初が肝心。というたとえです。)

新年の目標を定めても、なかなか達成できていないことが多い自分です。

今年は、より具体的に、明確に計画を立てることにしました。

具体的にすることで、達成できる確率がかなり上がるそうです。

「今年こそ痩せる!ではなく、毎日、自転車に乗る。」

「ストレスを減らす!ではなく朝10分間の瞑想をする。」などです。

毎日の小さなクセを習慣にすることで、目標を達成できる確率が大きく変わるそうです。

さて、昨年暮に平成27年度補正予算案、平成28年度予算案が出ましたが、

国は、住宅の省エネ化を促進しています。

東日本大震災や国際情勢のエネルギー価格の不安定化等の観点からも

住宅のエネルギー自給(自立)の必要性がある。

また、節電協力要請に対応する中で日本人の律儀さと、

今までの習慣から『我慢の省エネ』を行い体調を崩す恐れがあったことを踏まえ、

単に省エネをするではなく、健康状態への配慮の重要性も認識された。

このような背景から、外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、

高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ

大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、

年間の一次エネルギー(石炭や石油、天然ガス、水力など、自然にあるままの形状で得られるエネルギー)

消費量の収支が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロとなる

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に注目しています。

具体的には2020年までに新築戸建住宅の過半数、2030年までに全棟の実現を目指す。」

とする政策目標を設定しています。

平成24年からZEHの補助金が始まったのですが、弊社でも3棟の補助金申請をさせていただきました。

現段階で、 ZEH普及の課題として次のようなことが挙げられ、目標を明確化し取り組んでいるところです。

*ZEHの定義の明確化。

各会社がそれぞれ検討しZEHの普及に取り組んでいるが統一的な定義・評価方法が必要。

*ZEHの認知度向上。

お施主様にZEHの存在や便益を認知、理解してもらう。 広報とブランド化。

*ZEH化のための追加コスト負担の軽減。

*高性能化/低コスト化のための技術開発と標準仕様化。

*建築補助の平等化。タイミングによりもらえない。

*ZEHの設計・施工ノウハウを共有し技術者の育成 等等

         ZEH普及に向けたロードマップ

ZEHロードマップ

↑ クリック(拡大)

 

2016年、家づくり、これから大きく変わっていくと思います。

いえ、建て主さんの為にも変わらなければならないと思います。

最後になりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。