工場にて

お気に入りした人 0人

中々咲かないと心待ちにしていた桜があっという間に満開になって、すでに葉桜なってしまいました。
忙しさにかまけている間に素晴らしい瞬間を見逃してしまう事ってありがちですが、桜なら来年も咲くけれど、我が子の成長等は取り返しがきかないもの。
もうちょっと、気持ちや時間に余裕を持って生活しなければと反省している今日この頃です。

本日、工場長に用事があったので工場へ行ったときの事、いつもはまっすぐ工場長の所へ向かい用事を済ませたらわき目も振らずに事務所へ戻ってしまうのですが、今日は少し視野を広げようと思い直し、工場に入った時から気になっていた右の写真の材料のことを聞いてみました。
写真ではとても判りづらいのですが、普段見ている角材はまっすぐなのに、この角材は先がぐっと反っています。
聞いてみると、現在増改築工事をしているA様の現場で使用される材料で隅茅負(すみかやおい)と言うのだそうで、船枻(せがい)造りの屋根の一部との事。
詳しく説明してもらったのですが、正直なところ複雑すぎて出来上がりの想像が全くできません。
結局現場で施工された時に写真に撮ってきてもらう事にしました。完成がとっても楽しみです。もちろん、HPにもUPしますね。

ふと目に入った材料でしたが、改めて工場の人達や大工さん達の確かな知識と技術を垣間見られたように思いました。

 (荒牧)

工場にて 自社木材工場

コメントを残す

one × 1 =