新年のごあいさつ。

お気に入りした人 0人

新年、おめでとうございます。 

皆様、お健やかに新年をお迎えのことと存じます。        

昨年は、皆様にとってどんな年でしたでしょうか。  

2月の大雪から始まり、広島の集中豪雨での土砂災害、御嶽山の噴火、長野での地震等、

自然の驚異を感じた1年でもありました。 

私自身、のど元すぎれば・・・とならないよう危機管理をしていきたいと思います。

 

しかし、暗い話ばかりではありません。

記憶に新しい、青色LEDの発明での物理学賞を受賞。

大学で応用物理を専攻していたのでとてもうれしいです。 

エネルギー効率に優れ、環境に優しい発光ダイオード(LED)の開発は、

私たちの家庭や職場の照明を変えつつあります。

また、錦織圭選手の全米オープン準優勝。 

そしてソチオリンピックも楽しませてくれました。

若い選手の活躍も感動でしたが、レジェンドと呼ばれる葛西選手の生き方も素晴らしいと思います。 

葛西選手は当時41歳。勿論、知る人ぞ知る存在でしょうが、葛西選手は国内での認知度は低い。 

7回もオリンピックに出場しているのに・・・やはり、オリンピックで金を取っていないからだろうか。 

紆余曲折、引退も考えただろうに。。。

歳を重ねると熱い思いが次第に希薄になっていくような気がします。

しかし、日本の人たちのこのような熱い思いや頑張りは、私たちに勇気と、元気をくれますね。

 

2015年は、どんな年になるのでしょう。 

アベノミクスの継続を国民が支持という結果になったのですから、

私たち一人ひとり、政治に関心をもっていかなければと思います。 

2015年を迎え、既に税制改正や各省庁の動き、補正予算等にも動きがあります。 

家づくりには、消費税だけでなく、相続税であったり、贈与税や補助金、

といったものも絡んできますので、今年もお客様へ良いアドバイスや

情報提供ができるよう努力をしていきたいと思っております。

 

二葉の家では、昨年129日に会計検査院の検査がありました! 

会計検査院第3局国土交通検査第1課の方お二人と国土交通省住宅課の方、

3名でいらっしゃいました。 

今回の検査は省エネ改修推進事業50)と

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス ZEH165万)の補助金を頂いた物件の検査でした。

低燃費住宅は、長い目で見て頂くと省エネなのですが、どうしても初期投資がかかります。 

二葉を選んで頂いたお客様に少しでもお役にたてればと思い、補助金等は、活用するようにしています。 

省エネ改修推進事業ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスZEHの補助金はタイミングが重要なのと、

採択されるかされないかという事が出てきますので結果が出るまでドキドキです。

また、今回のように会計検査院の検査がまさか弊社に当たるとは思ってもいませんでた。 

今回の検査は、栃木県と山口県だったそうです。

最初に、国土交通省から委託されている第三者機関から、検査の日程調整の連絡がありました。 

「なぜ、弊社なのでしょう。」と伺ったところ、弊社の名前が一番最初に書かれていて、

二重丸がしてあるというだけで選択理由はわからないようでした。 

二物件だから二重丸なのだろうか。と思い、当日検査院の方に伺いました。 

一番高額だったので是非見てみたかったとの事でした。 

弊社の体感ルームにて、会計検査をして頂き、二葉の家の性能や実際の仕様を説明させて頂きました。 

それから、お客様の家に伺ったのですが 『体感してみないとわからないですよね。』

と低燃費住宅を納得して頂けました。

これからの日本の家をどうして行くのかの方向性を出す立場である国土交通省住宅課の方から

『これからも、こういう家を造っていってください。』と言って頂けて、お墨付きを頂いた思いです。

また、国はより多くのゼロエネ住宅のデーターを集め

低燃費な家づくりを進めていきたいとも言っていました。

会計検査は、慣れない事ですので緊張もしましたが、書類検査はスタッフに任せ、

私は、二葉の家づくりを充分に話させてもらい良い経験ができました。

” 無理に売るな。客の好むものを売るな。客の為になるものを売れ。

昨年も書きましたが、松下幸之助の商い語録です。 

お客様の為になるものを売れ。 今年もこの思いで、熱く精進したいと思っております。

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

会計検査院は、国の収入支出の決算、政府関係機関・独立行政法人等の会計、国が補助等の財政援助を与えているものの会計などの検査を行う憲法上の独立した機関です。

予算が適切かつ有効に執行されたかどうかをチェックすることと、その結果が次の予算の編成や執行に反映されることが、国の行財政活動を健全に維持していく上できわめて重要な役目です。