葉枯らしを終えました。

お気に入りした人 0人

写真はお施主様の山の桧と松です。

4ヶ月間の”葉枯らし”を終え、枝を切り落とし山から運び出しました。
“葉枯らし”とは葉をつけたままの状態で山林に寝かせ、自然乾燥することです。
これから弊社工場で製材をします。

製材が始まりましたら、また、お知らせ致します。

木の豆知識(弊社会長より伝授)
木は樹齢が高いほど年輪が密になりますので強度が増します。
伐採時期は木が水分を吸い上げなくなる10月~1月が最適ですが、秋のお彼岸から春のお彼岸くらいまでが良いのではないでしょうか。
また、月の満ち欠けも係ってきます。下弦から新月の間に伐採された木の方がデンプン量・水分量が少ないので、カビにくく、虫がつきにくい等の特徴があるそうです。
葉をつけたままの状態で山に3ヶ月以上寝かせ(葉がらし)、自然乾燥させると木へのストレス(木にもストレスがあるの?)が少なく良いそうです。
また、無垢の木は調湿作用があるのは広く知られていますが、特に”節”の部分が調湿作用があるそうです。

山口

葉枯らしを終えました 木の運搬

コメントを残す

16 − fourteen =